中国の非鉄金属工業の経済は今年上半期、安定しつつ好転し、運行の質が上がった。非鉄金属の生産は安定増を維持し、一定規模以上の非鉄金属企業の利益額が過去最高となった。

これは中国非鉄金属工業協会副会長兼秘書長の賈明星氏が、北京市で3日に開かれた会見で説明した情報だ。賈氏はまた、「今年上半期の中国の常用10種非鉄金属の生産量は前年同期比11.0%増の3254万9000トンだった。固定資産投資が回復し、有色金属工業の固定資産投資総額は数年連続の減少を経て、上半期に前年同期比15.7%増となった」と述べた。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年8月3日