「武漢実験室からウイルスが漏洩した可能性はゼロとは、常識に基づくものだ」一部の西側メディアが、新型コロナウイルスの「実験室漏洩説」を好き放題に喧伝しているが、武漢ウイルス研究所の病原体レベル4(P4)実験室の建設及び認証の指導に加わったフランス人専門家のガブリエル・グラース氏が立ち上がり、新華社の独占インタビューでこれに反駁を加えた。

「武漢P4実験室はフランスと中国の緊密な協力のもと建設された。私はその安全性をまったく疑っていない。武漢実験室からのウイルス漏洩説を信じてはならない」グラース氏はかつて在中国フランス大使館の技術専門家として、中国とフランスによる2004年の新型感染症の協力協定の調整・執行に参与した。グラース氏は2012-17年にかけての毎月、武漢のウイルス実験室を1-2回訪問した。

グラース氏は、「実験室の建設と運営はいずれも非常に厳しい基準に合致した。その検証は私の日常業務だ。私はバイオセーフティー分野の専門家及びウイルス専門家の経歴により参加した」と述べた。

グラース氏は、「P4実験室の操作は、資金的にも時間的にも非常に高コストだ。安全面の制限のため、操作は着心地の悪い『宇宙服』を着用しなければならず、実験はさらに長時間かけて行われる。そのためP4実験室を使いバイオセーフティーレベル3の病原体を処理することはなく、またP3実験室を使いバイオセーフティーレベル2の病原体を処理することもない。これは常識だ。コロナウイルス(新型コロナウイルスを含む)はレベル2もしくは3の病原体で、レベル4とされたことは今まで一度もない」と強調した。

グラース氏はさらに、「仮に30キロの冷蔵庫を移動するならば、20トンの起重機を使うことはない。これは完全に非論理的だ。P4実験室で新型コロナウイルスを培養するいかなる理由もない以上、新型コロナウイルスがP4実験室から漏洩する可能性もない。これを結びつければ混乱を招くだけだ」と説明した。

新型コロナウイルスが実験室で「製造」されたかについて、グラース氏は、「実験室で(製造されたもの)ではなく野外で出現したものである。これが現在の科学界の共通認識だ」「ウイルスは野外で採取された検体に存在するか、患者の体内から採取された検体に存在するかだ。パンデミックの開始前、天然の新型コロナウイルスが実験室に存在するだろうか。すでに発表された証拠はこれとは正反対だ」と述べた。

「我々は謂れなき憶測の罠にかかるのではなく、これを謂れなき憶測をする者に残しておこうではないか」

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年8月4日