ーー政治工作では隠せない米国の不十分な新型コロナ対策(3)

新型コロナウイルスの起源解明が科学的課題であることは常識だ。だが米国は今日に至るもなお政治工作に固執しており、他国のイメージを損なうことで、自らの不十分な新型コロナ対策の責任転嫁を企てている。(人民日報「鐘声」国際論評)

米国は世界で最も豊富な医療資源と最も強大な医療看護能力を持つとされるが、新型コロナウイルスの感染拡大への対応は収拾がつかないもので、世界で最も多くの感染者と死者を出すに至った。米国の専門家も米国の新型コロナの対応過程を深く分析した結果、失敗の直接的原因は一部の政治屋が科学よりも政治を優先し、国民の命と健康よりも自らの政治的利益を優先したことにあり、これが「米国型失敗」の元凶であるとの認識を示している。もし米国が科学的精神を堅持して対策を講じていれば、このような事態にはならなくて済んだはずだ。

感染拡大が始まった当初、当時の米政府指導者は科学的な警告を無視しただけでなく、感染状況の情報隠蔽に専心したうえ、虚偽情報を発表して人々をミスリードした。故意に新型コロナウイルス感染症を「大型インフルエンザ」と呼び、ウイルス感染のリスクと死亡率を「非常に低い」とし、ウイルスはすぐ「奇跡のように消えるだろう」としたことで、感染の抑え込みに有効な限られた貴重な期間を浪費した。自国で感染が広範囲に拡大し、感染者数と死者数が世界最多となってもなお、米政府は政治的計算から、マスク着用などの問題で無駄な大騒ぎを続けた。昨年10月、世界的に権威ある医学誌『The New England Journal of Medicine』は米政府について、専門家を無視、さらには中傷し、ほぼ全てのステップで失敗を犯し、最終的に「危機を悲劇に変えた」と批判した。

今日に至るもなお、米国では政治的利益のための駆引きが、感染防止・抑制の足枷になっている。このところ米国では新規の感染者数、入院患者数、死者数が再び増加している。これについて専門家は、一部の政治屋がワクチン接種の盲目的拒否へと民衆を扇動していることが密接に関係していると指摘する。CNNは、米国の政治的リーダーが新型コロナウイルス感染症から政治的利益を搾り取ろうとする努力は今も続いており、一部の政治屋の不適切な行為は人々の苦しみを増すだけだと指摘した。

このパンデミックとの闘いにおいて、米国の一部政治屋が民衆の命と健康よりも政治・選挙・資本上の利益を優先したことは、彼らの標榜する民主主義や人権が実はその内心では取るに足りないものであることを十分に物語っている。この事は、その被害を深く受けた米国の民衆と国際社会の目には明らかであり、他国に責任を転嫁すれば覆い隠せるものでは断じてない。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のDavid Hayes-Bautista教授(医学)は、米国の多すぎる死者数について、政府の不作為が招いた悲劇だと指摘する。「The Associated Press-NORC Center for Public Affairs Research」の世論調査によると、米国民の大多数は、米国における感染拡大の危機について、政府が責任を負うべきだと考えている。

科学を顧みない政治工作と責任転嫁という、米国の一部政治屋の行為が、すでに自国民に大変な苦しみを与えている。世界の感染防止・抑制が依然として厳しい状況にある現在、あろうことか米国の一部政治屋は使い古した手を再び使っている。このような無責任が、さらにどれほどの悪い結末をもたらすことか。そして米国は自国民と国際社会にどのように顔向けをするというのだろうか。(編集NA)

「人民網日本語版」2021年7月22日