河南省で最近、広い範囲で豪雨が発生している。一部地域では洪水による災害が発生し、鞏義市米河鎮の多くの村で通信が断絶している。応急管理部は21日、無人機「翼竜」を空中緊急通信プラットフォームとして緊急派遣した。同機は地域を跨ぐ長距離飛行を経て、4時間半後に鞏義市に到着し、午後6時21分に米河鎮の通信が断絶したエリア内に入った。同機に搭載されたモバイルパブリックネットワーク基地局を利用し、約50平方キロの範囲内で長時間・連続的・安定的な電波提供を行った。午後8時現在、空中基地局の接続ユーザー数は累計2572人で、1089.89MBの通信量が発生している。1度の最大接続ユーザー数は648人。被災地の住民に速やかに被災状況を報告し、安否確認するためにモバイルパブリックネットワークの電波を提供し、緊急通信保障のライフラインを構築した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年7月22日