国家発展改革委員会(発改委)が21日に発表した情報によると、河南省では20日に広い範囲で豪雨が観測された。98万2200世帯の給電に影響が及んだ。鄭州市周辺到着、及び鄭州市経由の重点地域着の鉄道石炭輸送に深刻な影響が生じている。各方面の共同の努力により、21日8時現在で45万600世帯の給電が復旧しており、残りについても全力で復旧作業が進められている。石炭供給問題については、調整の最適化、クリーンエネルギー発電の拡大、ガス発電の出力拡大などにより対応している。交通の影響については、鉄道及び交通部門が復旧作業に取り組み、早期復旧を目指している。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年7月22日