第13期全国人民代表大会常務委員会第29回会議は10日、印紙税法を可決した。この法律は全体的に現行の税制枠組みを維持し、税目と税率を適度に簡素化し、税負担を軽減した。印紙税法の制定と発表に伴い、中国の現行の18税種のうち12税種の法律が制定された。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年6月11日