このほどの国務院常務会議は、次のように表明した。

党中央及び国務院の手配によると、県域消費環境の改善、農村の消費促進は内需けん引、農村振興支持の重要な措置で、大きな潜在力を持つ。県域を農村商業発展の統一計画の重要な切り口とし、市場主体の力を十分に発揮し、県都商業施設の改築と高度化を支持し、県・郷村商業ネットワークのチェーン化を促進する。条件を備える郷鎮によるショッピング、娯楽、レジャーなどの業態が集まるビジネスセンターの建設を支持する。新型農村コンビニを発展させる。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年5月3日