東部戦区報道官の張春暉空軍大校は「米国のミサイル駆逐艦、ジョン・S・マケインが7日、台湾海峡を通過した。中国人民解放軍東部戦区はその全過程を追跡・監視した。米艦のこの動きは、『台湾独立勢力』に間違ったシグナルを送り、意図的に地域情勢に干渉・破壊し、台湾海峡の平和と安定を脅かすものであり、我々は断固反対を表明する。戦区部隊は防備と警戒を強化し、すべての脅威・挑発に常に対応し、職責と使命を忠実に果たす」と述べた。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年4月8日