中国外交部の趙立堅報道官は6日、中韓外相会談の成果について紹介し、中韓は互いに永遠の近隣で戦略協力パートナーであると述べた。双方は相手国公民をワクチン接種の範囲に組み入れ、健康コード相互認証体制を構築することに賛成した。趙立堅氏は、「来年は中韓国交成立30周年を迎える。中国には30にして立つという言葉が古くからあり、中国側は韓国側と共に努力し、30年近い両国関係の良好な発展を基礎に、両国の相互信頼と友好、協力を絶えず増進させ、双方の国際地域問題における協調を強化し、中韓関係を新たなステップにまい進させたいと思っている」と話した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年4月7日