テスラの車内カメラが高画質の画面を撮影した件が最近、再び物議を醸している。車内カメラは客観的に見ると、ドライバーと車両の安全を守ると言った多くの利便性をもたらすかもしれないが、どれほど便利であっても個人のプライバシー及び情報の無断譲渡を条件にしては絶対にならない。車内カメラは出荷時に初期設定で設置されるのか、設置後に消費者が署名で同意してから使用開始されるのか、長期的な同意ではなく毎回同意するかなど、これらは企業がはっきり説明しなければならない。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年4月7日