武漢市は4月6日、小中学生党史学習教育シンポジウムを開き、市内の小中学校の道徳・法律教師、学校責任者、研究室主任ら240人以上が「思想政治講習」を受けた。

武漢市は『武漢市小中学生党史学習教育指導意見』を制定中で、学生の年齢に応じた教育方式をとり、完全な党史教育「路線図」を作成し、紅色遺伝子を代々受け継ぐ方向で進めている。

武漢市は4月6日、小中学生党史学習教育シンポジウムを開き、市内の小中学校の道徳・法律教師、学校責任者、研究室主任ら240人以上が「思想政治講習」を受けた。

武漢市は『武漢市小中学生党史学習教育指導意見』を制定中で、学生の年齢に応じた教育方式をとり、完全な党史教育「路線図」を作成し、紅色遺伝子を代々受け継ぐ方向で進めている。

武漢市は4月6日、小中学生党史学習教育シンポジウムを開き、市内の小中学校の道徳・法律教師、学校責任者、研究室主任ら240人以上が「思想政治講習」を受けた。

武漢市は『武漢市小中学生党史学習教育指導意見』を制定中で、学生の年齢に応じた教育方式をとり、完全な党史教育「路線図」を作成し、紅色遺伝子を代々受け継ぐ方向で進めている。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年4月7日