国家発展改革委員会など11部門は12日、『2021年春運作業と春運感染対策の強化に関する意見』を発表した。『意見』によると、協議を経て、2021年春運の中国の人口移動規模は平年を大幅に下回り、旅客数に強い不確定性が存在すると判断された。『意見』によると、需要減少と輸送力向上のダブルの作用により、旅客輸送圧力は軽減され、高速鉄道と民間航空の利用割合は上昇し、乗用車での移動が大幅に増加する見通し。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年1月13日