1月12日、解放軍陸軍軍医大学士官学校附属医院白求恩医療チームの蘇倩さんは河北省石家荘市の第2回全市民PCR検査に携わった。

1月6日に始まった石家荘市の第1回全市民PCR検査で、蘇倩さんは寒い中で長時間作業したため両手が赤く腫れ、その写真がインターネットで広まり「饅頭手」と呼ばれ、多くの市民とネットユーザーから称賛と見舞いの言葉を受け取った。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年1月13日

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年1月13日