7月7日、三江源国家公園管理局長江源パーク可可西里管理処卓乃湖保護ステーションで、チベットカモシカの赤ちゃんにミルクを与える職員の才文多傑さん

三江源国家公園管理局長江源パーク可可西里管理処卓乃湖保護ステーションが明かした情報によると、今年のチベットカモシカ移動繁殖シーズン、現地の山巡回チームは11頭のチベットカモシカの赤ちゃんを保護した。チベットカモシカの赤ちゃんが早急に環境に慣れ、健康に成長できるように、卓乃湖保護ステーションは特定エリアに飼育係を配置した。

可可西里の奥地にある卓乃湖はチベットカモシカの「出産エリア」と呼ばれ、毎年5月から7月、青海三江源、新疆阿爾金山、西蔵羌塘などから来たチベットカモシカが卓乃湖一帯で出産し、往復の移動距離は1000キロに達する。

三江源国家公園管理局長江源パーク可可西里管理処卓乃湖保護ステーションが明かした情報によると、今年のチベットカモシカ移動繁殖シーズン、現地の山巡回チームは11頭のチベットカモシカの赤ちゃんを保護した。チベットカモシカの赤ちゃんが早急に環境に慣れ、健康に成長できるように、卓乃湖保護ステーションは特定エリアに飼育係を配置した。

可可西里の奥地にある卓乃湖はチベットカモシカの「出産エリア」と呼ばれ、毎年5月から7月、青海三江源、新疆阿爾金山、西蔵羌塘などから来たチベットカモシカが卓乃湖一帯で出産し、往復の移動距離は1000キロに達する。

三江源国家公園管理局長江源パーク可可西里管理処卓乃湖保護ステーションが明かした情報によると、今年のチベットカモシカ移動繁殖シーズン、現地の山巡回チームは11頭のチベットカモシカの赤ちゃんを保護した。チベットカモシカの赤ちゃんが早急に環境に慣れ、健康に成長できるように、卓乃湖保護ステーションは特定エリアに飼育係を配置した。

可可西里の奥地にある卓乃湖はチベットカモシカの「出産エリア」と呼ばれ、毎年5月から7月、青海三江源、新疆阿爾金山、西蔵羌塘などから来たチベットカモシカが卓乃湖一帯で出産し、往復の移動距離は1000キロに達する。

三江源国家公園管理局長江源パーク可可西里管理処卓乃湖保護ステーションが明かした情報によると、今年のチベットカモシカ移動繁殖シーズン、現地の山巡回チームは11頭のチベットカモシカの赤ちゃんを保護した。チベットカモシカの赤ちゃんが早急に環境に慣れ、健康に成長できるように、卓乃湖保護ステーションは特定エリアに飼育係を配置した。

三江源国家公園管理局長江源パーク可可西里管理処卓乃湖保護ステーションが明かした情報によると、今年のチベットカモシカ移動繁殖シーズン、現地の山巡回チームは11頭のチベットカモシカの赤ちゃんを保護した。チベットカモシカの赤ちゃんが早急に環境に慣れ、健康に成長できるように、卓乃湖保護ステーションは特定エリアに飼育係を配置した。

可可西里の奥地にある卓乃湖はチベットカモシカの「出産エリア」と呼ばれ、毎年5月から7月、青海三江源、新疆阿爾金山、西蔵羌塘などから来たチベットカモシカが卓乃湖一帯で出産し、往復の移動距離は1000キロに達する。

三江源国家公園管理局長江源パーク可可西里管理処卓乃湖保護ステーションが明かした情報によると、今年のチベットカモシカ移動繁殖シーズン、現地の山巡回チームは11頭のチベットカモシカの赤ちゃんを保護した。チベットカモシカの赤ちゃんが早急に環境に慣れ、健康に成長できるように、卓乃湖保護ステーションは特定エリアに飼育係を配置した。

可可西里の奥地にある卓乃湖はチベットカモシカの「出産エリア」と呼ばれ、毎年5月から7月、青海三江源、新疆阿爾金山、西蔵羌塘などから来たチベットカモシカが卓乃湖一帯で出産し、往復の移動距離は1000キロに達する。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年7月13日