30日に発表された中国の非製造業購買担当者指数(PMI)のうち、非製造業全体の運営状況を反映するビジネス活動指数が上昇を維持した。

6月の中国非製造業ビジネス活動指数は前月より0.8ポイント増の54.4%で、4カ月連続で上昇した。調査対象の21業界のうち15業界の指数が景気判断の分かれ目となる50を上回った。これは多数の業界の生産・経営が回復を続けているということだ。

サービス業の需要が引き続き引き出されている。新規受注指数は前月比0.6ポイント増の52.3%。一部のサービス業界の回復は依然として困難で、文化・娯楽及び住民サービス業のビジネス活動指数が50を下回った。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年6月30日