中国人民銀行、香港金融管理局、マカオ金融管理局は29日に共同で公告を発表し、粤港澳大湾区で「越境理財通」業務を試験的に展開することを決定し、かつ同計画の政策枠組みを発表した。「越境理財通」により粤港澳大湾区住民が個人で、大湾区範囲内の銀行が販売する資産管理商品に越境投資できる。これは粤港澳金融市場相互接続の重要な一里塚で、大陸部及び香港・マカオ社会の経済共同発展の促進に利する。

香港特区の林鄭月娥行政長官は「越境理財通の展開は大湾区の金融発展に対する国の高度な重視と支持を十分に示した。国が香港の力強い後ろ盾であることを強調した。香港国家安全維持法は香港の安定的で法が支配する良好なビジネス環境を取り戻し、投資家の自信を保証し、香港の国際金融センターとしての地位をさらに固め、高める」と述べた。

共同公告によると、「越境理財通」は購入者の身分により「南向通」と「北向通」に分かれる。前者により、粤港澳大湾区の大陸部住民は在香港・マカオ銀行で投資専用口座を開設し、香港・マカオ地区の銀行が販売する適格投資商品を購入できる。後者により、香港・マカオ地区住民は大湾区内の大陸部銀行で投資占用口座を開設し、大陸部の銀行が販売する適格資産管理商品を購入できる。

共同公告によると、粤港澳大湾区の「越境理財通」の正式な開始時期及び実施細則については追って発表される。特区政府は、香港金融管理局は大陸部及びマカオと緊密に連携し準備作業を推進し、開始時期と実施細則を早急に確定すると表明した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年6月30日