6月の増水期に入った後、中国南方では計6回に渡り大雨が降った。29日現在まで、中央気象台は28日連続で豪雨警報を発令している。豪雨警報がほぼ毎日発令されていることになる。

中央気象台の何立富首席予報士は「今年の降雨の段階的な特徴は正常だが、強度が高めだ。特に湖北省南部及び東部、四川省東部、重慶市、江蘇省・安徽省中南部などの6月の雨量は例年同期の2倍から4倍で、局地的には5倍以上だ。これは今年の亜熱帯高気圧が強く、降水帯が比較的安定しているためで、インド洋から南中国海一帯に吹く南西の季節風が活発化しているからだ。さらに東北部の弱い寒波が頻繁に南下し、温かく湿った強い気流を形成し、南方で持続的に大雨を降らせている」と分析した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年6月30日