中国問題専門家加藤佳美

中国の習近平総書記は22日午後、第13期全国人民代表大会(全人代)第3回会議内蒙古自治区代表団の審議に出席した際、「人民至上の理念を堅持し、人民にしっかりと依拠するとともに、絶えず人民に幸福をもたらし、人民の中にしっかりと根を下ろさなければならない。また、各種の政策決定・活動配置や実際の業務、および新型コロナウイルス感染症の予防・抑制と経済・社会の発展を統一的に計画し推進する活動の中で、こうした理念を実行しなければならない」と強調した。

中国共産党は人民の中にしっかりと根を下ろし、人民と血がつながっている。人民を団結して革命、建設と改革をリードし、その目的は人民が良い生活を送ってもらうためである。どれほどの試練と圧力に直面し、犠牲と代償を払っても、この意志は変わらず、揺るぐことはない。この点は今年の新型コロナウイルス感染症対策においても顕著に現れた。

今回の重大な突発的公共衛生事件は稀に見る世界的な危機であり、全人類が直面した共通の試練でもある。感染症の発生後、中国共産党中央は感染対策を最優先事項として取り組んでいる。習近平総書記が自ら指揮・手配し、国民の命の安全と身体の健康の最優先を堅持している。彼らは全国から最も優秀な医師、最も先進的な設備、最も必要な資源を調達し、治療に全力を注ぎ、治療費は全て国が負担した。人民至上と生命至上は、人民の生命の安全と身体の健康を守るために一切の代償もいとわないとの意味だ。きわめて苦しい取り組みを経て、中国は感染症狙撃戦で重大な戦略的成果を手にし、感染対策と経済・社会発展作業の統一的推進で良好な効果を上げた。

新型コロナウイルス感染症は今も世界に蔓延しており、中国が出した「答え」は中国人民の忍耐強さを証明している。最初に国際社会に感染症を報告し、最初に感染症に立ち向かった国として、中国は全国人民を動員し、国を挙げて感染症と戦い、巨大な犠牲を払い、世界で真っ先に国内の感染症を抑制した国の1つとなった。これは地域的な防衛線を構築しただけでなく、世界の感染対策にとっても貴重な経験になった。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年5月23日