今年は小康社会の全面的な完成、脱貧困対策の勝敗を決める年であり、「十三五」計画総括の年でもある。若者たちは今年の全国両会(全国人民代表大会と中国人民政治協商会議)の何に注目し、期待しているのだろうか?

中国青年報社社会調査センターのアンケートサイトは18~35歳の若者1984人を対象に「2020年全国両会に対する若者の期待」と題する調査を主なった。調査によると、91.5%の若者が今年は例年よりも全国両会に注目していると答えた。国民生活保障と雇用・起業が若者が最も期待する議題だという。最も満足度が高かったのは国家安全保障と社会整備だった。

今回のアンケート参加者は男性43.7%、女性56.3%、「85後」(85~89年生まれ)が33.7%、「90後」(90~99年生まれ)が58%、「00後」(00年以降生まれ)が8.3%を占め、平均年齢は28.1歳。

88.1%の若者が今年の全国両会に注目

「両会の開催日程がわかった後すぐに友人に転送しました」というのは杭州で働く「95後」の劉偉さん。今年は例年よりも全国両会に注目し、期待しているという。「こうした特殊な情況下で両会がいつ開かれるのか周囲も関心を寄せていた。両会の日程が決まり、気持ちも落ち着いた。これは非常に積極的なシグナルだと思う」と語る。

北京で働く鄭斌さん(仮名)は「毎年全国両会が始まるとみんな積極的に社会問題を議論するようになる。この時期は熱い政治討論が繰り広げられる」と話す。

アンケートでは、88.1%の若者が今年の全国両会に注目していると答えた。社会調査センターが昨年行った同じアンケートではこの割合は66.4%だった。

深センのあるデータ分析会社で働く劉さんは「今年はコロナの影響で国内外の情勢の変化が著しい。日頃株取引をしていて、近くマイホームも購入したいので、国の関連政策には非常に注目しているが、今年の両会は特に注目している」と話す。

アンケートによると、全国両会に注目している男性は91.2%で、女性(85.8%)より高かった。年齢別でみると、「85後」の注目度が最も高く89.1%、「90後」は88.5%、「00後」は81.8%だった。

91.5%の若者が今年は例年よりも全国両会に注目していると答えた。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年5月22日