文=中国商務部研究院霍建国前院長

コロナ禍によって物流とサプライチェーンは中断し、外資系企業の中国での経営活動は一時ダメージと影響を受けた。加速する「逆グローバル化」や「サプライチェーンの回帰」「サプライチェーンの移転」、特に一部の米政治家が騒ぎ立てる極端な米資企業の中国撤退論、徐々に導入されている投資の保護主義的政策――こうしたことが中国の外資系企業の自信喪失につながっている。

コロナの衝撃は国際資本の流動の規模、ルール、方向にある程度の変化を及ぼすだろう。これは中国に限ったことではなく、世界的な現象といえる。ただ、総合的な生産要素のコスト、産業構造、市場規模などの条件からいっても改革開放の深化、ビジネス環境の改善など主観的な努力からいっても、外資系企業にとって中国に大きな魅力があることは変わりない。

まず、米系企業の中国からの撤退という米政治家の思惑ややり口は市場経済の基本原理だけでなく、社会生産力の進歩という客観的法則に反しており、米系企業の進退に難しい選択を迫ることになる。グローバルサプライチェーンの構造は主に労働コスト、関税水準、非関税の壁、産業支援体制といった要素の影響を受ける。グローバル企業がそれぞれの国や地域に投資するのは、より良い資源の最適化、利益の最大化を図るためだ。

中国は特定の歴史的条件から世界の製造の中心となった。それを何らかの糸で変えるのは難しいだろう。70年代以降のグローバル化と市場開放でグローバル企業を主軸とする海外投資が西側諸国の経済の構造調整や産業の底上げを促し、アジア、特に中国を筆頭に多くの新興国がそのチャンスをつかみ、中国を中心とした東アジアは世界の製造の中心という地位を手に入れた。その間、中国が強みにしたのは効率と競争力で、その根本は今でも変わっていない。

次に中国はすでに世界大規模の製造業を有し、業界全体の工業体制が中国貿易の国際競争力を支える重要な源泉となっている。この点を短期間で覆すのは難しい。

国連の統計資料によると、中国の製造業が世界の製造業の生産高に占める割合は25%を上回り、世界500種類の主な工業製品のうち、220種類余りの生産量で中国は世界一を誇る。またその産業分類も39の大分類、191の中分類、525の小分類と世界で唯一国連産業分類のすべてを網羅している。当然、外資系企業は中国のサプライチェーンと産業支援能力という面で重要な貢献を果たしており、両者はウィンウィンの関係を築いている。

さらに中国の超巨大な市場規模も他とは比べられない。中国の市場ニーズはすでに米国と肩を並べ、国内市場の規模は拡大を続けている。国内市場の構造や需要も底上げされ、より多くの良質な医療・金融・教育などのサービス商品が求められており、その点においてグローバル企業は優位にあり、将来的に大きな成長が見込める。巨大な市場は中国の外資系企業に多大な利益をもたらしている。近年、外資系企業の世界全体の業績に対する中国市場の貢献度がますます増している。

そしてビジネス環境、投資環境の改善にも力を入れている中国。具体的には次の4点があげられる。

第一に、良好な生産環境づくりに努め、大幅な減税などによって実体経済の発展をサポートする。第二に、良好な市場環境をつくり、新たな外資法を導入して外資系企業を対象に完全な国民待遇を実施し、公平かつ法治化されたビジネス環境をつくる。第三に、良好な外部環境の維持に努め、東アジア地域の包括的経済連携(RCEP)の締結を通じて中日韓の自由貿易協定(FTA)を促進するほか、欧州連合(EU)との経済貿易協力関係を強化・改善し、有利な外向型経済発展の空間を形成し、グローバル企業の中国における生産と経営に新たな発展の可能性を提供する。

中国はどの国よりも早く国内の感染拡大を封じ込め、改革の深化、開放の拡大を継続している。国際慣例に基づき、外商投資企業の投資拡大により公平かつ法治化されたビジネス環境を提供し、外資系企業の中国における合法的な権益を保護している。外資系関連企業は中国の発展状況を正確に把握し、安心して大胆に中国で投資・経営を行っていけばいい。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年5月23日