中国航天科技集団が25日に発表した情報によると、中国の次世代有人宇宙船試験船の試験が先ほど文昌航天発射場で完了した。4月下旬に「長征5号B」ロケットで打ち上げられる。

次世代有人宇宙船試験船は、中国の宇宙ステーション及びその後の有人宇宙飛行任務に向け開発された。有人宇宙船「神舟」よりも大型で、人と荷物を運ぶことができ、再利用も可能だ。今回の試験船は再突入・帰還制御、耐熱、回収など一連の技術を検証する。宇宙飛行士が地球と中国の宇宙ステーションを往復するための技術的な基礎を固める。

中国有人宇宙事業弁公室が先ほど発表した情報によると、中国の次世代有人宇宙船は近地球軌道及び深宇宙探査任務に対応できる。研究チームが新型耐熱材・耐熱構造を採用しているため、その耐熱能力は神舟の3−4倍に達する。帰還・再突入制御においても落下点の精度を保証する。過負荷を宇宙飛行士の許容範囲内に収める。

今回の打ち上げはさらに、より安全な「複数のパラシュート+カプセル」着陸方法、及び宇宙船の再利用の関連技術を検証する。情報によると、次世代有人宇宙船は帰還モジュールの10回の再利用を目指し、かつ徐々にコストを引き下げる。

長征5号Bは長征5号をベースに改良された中国初の一段半構造の大型ロケットで、中国の有人宇宙船モジュールの打ち上げなど重大打ち上げ任務を遂行する。今回の任務は同ロケットの初飛行となる。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年3月26日