国連のグテーレス事務総長は最も無防備な国の感染対策を支援するため、25日のテレビ会議で新型コロナウイルス世界対応計画を発表した。同計画は総額20億ドルの資金を必要とする。

国連の人道支援事務の担当者、世界保健機関(WTO)のテドロス事務局長、ユニセフの関係者がビデオ会議で同計画の打ち上げ式に出席した。

グテーレス氏は「新型コロナウイルスは全人類の脅威だ。そのため一国の対応だけでは不十分であり、全人類で反撃する必要がある。新型コロナウイルスの感染はすでに全世界に拡大している。先進国の医療システムでも不足があり、無防備な国はいっそう困難だ。世界対応計画により戦乱、自然災害、気候変動の影響を受ける国に援助を提供したい。これらの国の感染対策の支援は、世界的なウイルス拡散の遮断を促す。国際社会が直ちに大胆に行動しなければ、新型コロナウイルスは最も無防備な国で腰を据え、さらにその他の地域に拡散する。ウイルスが国境の制限を受けないからだ」と述べた。

グテーレス氏は国連加盟国の政府に対して、同計画を全力で支持するよう呼びかけた。

同計画は無防備な国に必要な診療設備・物資を提供し、難民キャンプや仮設住宅に手洗いの設備を設置し、ウイルス予防・治療の宣伝を行う。人道支援人員及び救援物資に空のルートを提供する。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年3月26日