丹東イチゴ、三亜マンゴー、奉節オレンジ、泰興地養卵など、多くの高品質低価格の「産地直営特産物」が近ごろ、淘宝、京東、拼多多などの通販サイトで人気を集めている。多くの果物や野菜の特産物が前年同期よりかなり安い価格で販売されている。

感染症流行の影響により、都市部で生鮮食品が供給不足となる一方で、農産品の売れ行きが低迷している。感染症流行下における需給の矛盾を解決するため、通販サイトは中継販売、グリーンゲート開設、感染症予防農産品専門エリア開設などの様々な手段を通して生産と販売をつないでいる。

感染症流行が農産品の川上に影響

海南省の一部農産品は広範囲にわたり売れ行きが低下した。感染症流行の影響で、三亜マンゴーは仕入れと販売のルートを断たれ、その量は15万キログラムに及ぶ。楽東リー族自治県のハミウリも価格が低下し、地元農家は500グラム0.5元で5万キロ販売したが、大量のハミウリが今も畑に放置されている。

京東生鮮部門によると、マンゴーは賞味期間が短く損失が多い季節の果物で、20日ほど収穫が行われなければ損失は避けられない。初歩統計を見ると、三亜の100世帯以上のマンゴー農家が売れ残ったマンゴーにより1億元規模の損失を被った。

吉林省松原市の張振強さんは、「冷凍梨を販売して何年にもなるが、感染症の流行により、オンライン取引が完全に停止した。感染症流行に伴う道路封鎖で、丹東のイチゴ、運城のふじリンゴ、、重慶奉節のオレンジなど多くの地域の農産品も影響を受けた」と述べた。

感染症流行に伴う農産品の売れ行き低下は、主に物流や人力などの要因によるものである。

京東生鮮の責任者の唐詣深さんは、「今回の売れ行き低下は多方面の原因によるもの。平年は仕入れ業者がこの時期に農村に仕入れに行くが、今年は来られずに販路が阻まれた。現地の物流が規制され、道路封鎖により農産品を遠くに輸送できなくなった。また、販売ルートが変化し、営業停止や経営戦略の変更などが存在するルートもある」と述べた。

「年の計は春にあり」という言葉があるが、感染症流行に伴う売れ行き低下は農家の収入だけでなく、一部産地の春耕計画にも影響し、今後1年、農産品の供給は厳しい試練に直面するとみられる。

通販サイトが様々な救済手段を講じる

農民の果物が畑で腐らないようにするため、各大型通販サイトは様々な手段で販売を手助けしている。

「うちのシャキシャキ食感のトマトは山東産で、昼と夜の気温差が大きいため甘い。48時間以内に発送できる」と、中継を通し、煙台市の農民が販売者となり農産品を紹介する。淘宝は「吃貨助農」(食いしん坊が農家を助ける)会場を開設し、サイト公式キャスターが山東、四川、浙江などの農民と接続して農産品を紹介している。

2月10日、京東は全国生鮮食品グリーンゲートを開設し、コールドチェーンを専門に支援し、優先的に発送すると発表した。拼多多も同日に専門ページを開設し、400の産地・230以上の貧困県の農産品を販売し、5億元の特殊時期農家収入保障手当を支給した。

感染症予防期間、消費者は買い物に行く必要がなく、大量の消費ニーズをオンラインに移すこともできる。淘宝吃貨公式サイトによると、1回の中継で、煙台産トマトは約5000キロ、キュウリは約7500キロ、イチゴは約3000キロ売れた。3日間で、「吃貨助農」での農産品販売量は150万キロを超えた。

拼多多によると、「抗疫農貨」専門ページの開設日、農産品の注文件数は600万件を突破し、遼寧丹東のイチゴ、山東煙台のリンゴ、雲南建水の玉ねぎ、江蘇泰興の地養卵など120種以上の農産品が1万件の注文を超えた。

感染症流行下で農産品の生産・販売を接続するには、多くのことを行う必要がある。拼多多新農業農村研究院の狄拉克副院長は、「1つ目は産地、特に貧困地の農産品の在庫と質の状況をまとめ、販路を開拓して農産品を売り出す必要がある。2つ目は各地の政府部門と連携し、これらの農産品のグリーンゲートを開設する必要がある。3つ目は物流資源を統括し、新鮮な農産品を消費者に直接届けられるようにする必要がある」と述べた。

天猫生鮮業専門家の福爍氏は、「ECサイトの農産品売れ残り解消は売れ行きが低下した商品をオンラインに直接移すことと同じ。業者の仕入れ、仕分け、梱包を全面的につなぐことが重要」だと話した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年2月14日