高画質中継、遠隔診察、スマートロボットなど、新型コロナウイルス関連肺炎の撃退において、5G技術は才能を発揮し、感染症抑制の「神器」となっている。

急速にカバー

雷神山医院を支援

十数日の昼夜兼行の奮闘を経て、雷神山医院は2月8日に使用を開始し、第1陣の患者を受け入れた。

病院は建設が速かっただけでなく、5G通信のカバーも実現し、ネットワーク敷設からカバーまでをわずか3日で完了した。5G通信の設置を請け負った華為(ファーウェイ)の担当者によると、1月29日晩に技術サポート要請を受け、2月1日に基地局のテストを終えて開通させ、わずか72時間で作業を終えた。2月2日、雷神山医院の広電5G基地局が完成し、病院建設者、医療スタッフ、隔離区の患者に公共Wi-Fi

サービスを提供する体制が整った。

その前に、火神山医院も5G通信のカバーを実現している。5G通信を利用した遠隔診察を通し、両地の医療専門家は動画で患者のカルテをシェアできるようになった。

実は、火神山医院と雷神山医院の建設当初、全国のネットユーザーが5Gニューメディアプラットフォーム中継を通して2軒の病院の建設状況をリアルタイムで視聴していた。火神山医院の着工時、中国移動、中国聯通、中国電信の3大通信会社は5G基地局を設置し、4Gと5Gの通信カバーを実現した。

その他の5G通信と異なり、雷神山医院の5Gの電波は強い。これは中国広電が全国唯一の700MHz周波数帯5Gライセンスを取得して最初の試験的商用化であり、この5Gネットワークは2万5000人の同時通信が可能となっている。5G通信のカバーに伴い、「戦時状態」の雷神山医院は5G通信を利用して遠隔指揮、遠隔診察、遠隔手術、データ伝送を行い、新型肺炎患者を治療しやすくなった。

クラウドインテリジェンス

遠隔診察システムの構築

2月8日、5G技術を利用した遠隔病例カンファレンスが北京と武漢で同時に行われた。新型肺炎が流行してから、北京医療チームが5G技術を実践に利用したのはこれが初めて。

遠隔会議室は武漢協和委員西院に設置され、北京朝陽医院の医療チームが参加した。スクリーンの片側には北京朝陽医院本院の医療専門家が映し出された。遠隔カンファレンスで、専門家は2人の患者の病例を細かく分析し、退院時期および退院後の観察と隔離について討論した。

武漢市にいる北京朝陽医院副院長で呼吸重篤疾患専門家の童朝暉氏も会場に駆けつけた。彼は、5G遠隔病例カンファレンスは重症患者に目を向け、診断治療手順の改善を促すと話す。

武漢協和医院西院はこれまでに、5G通信を通して北京朝陽医院、北京友誼医院との接続に成功した。そのほか、武漢市の各病院も5G技術を通した相互接続が可能となっている。武漢協和医院西院の郜勇副院長は、5G技術を利用することで、千里離れた「知恵」を集め、全国の優秀な専門家が新型コロナウイルスに共同で対抗できるようになると話した。

5Gの広接続、低タイムラグなどの特性は診察をより効率的、便利、安全にし、遠隔医療などの医療応用への意味は非常に大きい。多くの地域が5G通信を利用して遠隔診察システムを構築し、感染症抑制に活用している。

四川省では、四川衛生健康委員会が構築した5G遠隔診察システムが省内27軒の指定病院をカバーしている。これまでに多数の新型肺炎重症患者の遠隔診察を成功させ、各指定病院および予備病院で5Gダブル1000メガ通信と5G遠隔診察システムが進んでいる。

幅広い応用

感染症抑制に便利を提供

近ごろ、多くの5Gスマート医療ロボットが武漢協和医院などに導入されている。これらのロボットは医療スタッフの診察、消毒、清掃、薬を届けるなどの作業をサポートする。ロボットの導入により、医療スタッフの交差感染を減らし、隔離管理レベルを引き上げることができる。

5G通信に支えられ、多くの科学技術企業のスマート医療ロボットが湖北、上海、山東、甘粛などの病院および衛生サービスセンターに導入され、医療スタッフ不足を緩和し、交差感染などのリスクを減らしている。

広東省や福建省などでは、5G赤外線体温測定設備が病院、列車と地下鉄の駅などの公共場所に導入された。これらの設備は快速サーモグラフィー技術と環境データアルゴリズムを合わせ、目標場所の赤外線温度測定器を通して複数人の体温測定を行い、異常がある人を迅速に探し追跡することができる。5G通信を通し、関連情報が制御センターに高速転送され、迅速かつ正確な体温測定を実現し、早期警戒、処理、追跡の感染症抑制の効率を向上させ、抑制に多くの便利を提供する。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年2月14日