湖北省指揮部の取り決めに基づき、省市場監督管理局などの部門は武漢小薬薬医薬科技有限公司と連携して住民へのマスク供給を強化し、13日までに第1陣50万枚の民間用マスクを調達し、同社の販売ネットワークを通して武漢の企業と薬局に供給している。同済堂、好得快、中聯などの薬局計1235店舗が販売し、対応マスクの販売ロゴを掲げている。

武漢小薬薬医薬科技は輸送費補助、税金などの方法を通し、仕入れ価格と同じ1枚あたり1元で薬局に供給し、薬局に2元で提供するよう求めている。第2陣80万枚の民間用マスクも調達し、防疫部門だけでなく、省内のスーパー、薬局などでも販売する。現在、第3陣の商品確保を進めている。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年2月14日