中国が金融市場開放の道を歩み続けた場合、ゴールドマンサックス・グループは向こう5年で国内の従業員を倍に増やすことを計画している。消息筋によると、中国の従業員を600人に増やすという壮大な計画は、本社をニューヨークに置く同投資銀行の5年計画の1つである。

ゴールドマンサックスのデビッド・ソロモンCEOは2018年の就任直後に、向こう5年の中国拡張に関する具体的戦略の制定を要求した。多くの外資銀行が世界2位の経済圏への進出を図り、増え続ける資産の管理を競い合い、90億ドルに上る商業・投資銀行の利益を奪い合っている。また、中国も新たな投資で経済圧力を緩和し、外資系の競争を通して国内の金融業を強くしようと模索している。

中国政府は、年内に外資系銀行が全額出資する中国子会社を許可する計画を制定した。これは45兆ドル規模の金融市場開放の一部である。この市場には資産管理と保険も含む。ゴールドマンサックスは中国大陸の投資銀行合弁会社の持ち株を33%から51%に増やす申請をし、年内に認可されれば、完全持ち株会社にすることができる。消息筋によると、2019年下半期、ゴールドマンサックスは中国拡張計画を調整した。

中国の家庭が保有する投資可能資産は約90兆ドルである。中国の投資分野で主導的地位を占める担保付金融商品が淘汰される中、現金と不動産以外の投資を望む人が増えている。

ゴールドマンサックスのライバルにも動きがある。

本社をニューヨークに置くJPモルガンは、中国で最も高いビルにあるオフィスを3分の1拡張することを計画している。チューリッヒに本社を置くUBSグループは、向こう3~4年で投資銀行の従業員数を倍に増やす計画。日本の野村アセットマネジメントは事業部を設立し、中国国内の富裕層向けにサービスを開始した。また、2023年までに従業員数を500人に増やし、投資銀行業務を拡大する計画。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年1月14日