景徳鎮邑山陶磁器スマート製造工房で、デザイナーの呉安然氏がデザインした子年の陶磁器をパッキングする従業員

陶磁器の町である江西省景徳鎮では、陶磁器産業の生産チェーンが長く、資金要求が高いため、能力がある若手デザイナーが独自で商品をデザイン、生産、販売するのが非常に難しい。また、伝統の企業もデザインに新しいアイデアが不足し、若い消費者を引きつけられないでいた。

この課題を解決するため、景徳鎮は現地の大型国営企業と若手陶芸家の提携などを通し、若手陶芸家が商品デザインを提供し、企業が融資と現代的な生産ラインを提供するという方法でデザイナーと企業の2つのトレードマークを打ち出した。

デザイナーのブランドを育成すると同時に、企業も利益を上げることができる。現在、200以上の陶磁器ブランドがこのような方法で企業との相互利益を実現している。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年1月14日

陶磁器の町である江西省景徳鎮では、陶磁器産業の生産チェーンが長く、資金要求が高いため、能力がある若手デザイナーが独自で商品をデザイン、生産、販売するのが非常に難しい。また、伝統の企業もデザインに新しいアイデアが不足し、若い消費者を引きつけられないでいた。

この課題を解決するため、景徳鎮は現地の大型国営企業と若手陶芸家の提携などを通し、若手陶芸家が商品デザインを提供し、企業が融資と現代的な生産ラインを提供するという方法でデザイナーと企業の2つのトレードマークを打ち出した。

デザイナーのブランドを育成すると同時に、企業も利益を上げることができる。現在、200以上の陶磁器ブランドがこのような方法で企業との相互利益を実現している。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年1月14日

陶磁器の町である江西省景徳鎮では、陶磁器産業の生産チェーンが長く、資金要求が高いため、能力がある若手デザイナーが独自で商品をデザイン、生産、販売するのが非常に難しい。また、伝統の企業もデザインに新しいアイデアが不足し、若い消費者を引きつけられないでいた。

この課題を解決するため、景徳鎮は現地の大型国営企業と若手陶芸家の提携などを通し、若手陶芸家が商品デザインを提供し、企業が融資と現代的な生産ラインを提供するという方法でデザイナーと企業の2つのトレードマークを打ち出した。

デザイナーのブランドを育成すると同時に、企業も利益を上げることができる。現在、200以上の陶磁器ブランドがこのような方法で企業との相互利益を実現している。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年1月14日

陶磁器の町である江西省景徳鎮では、陶磁器産業の生産チェーンが長く、資金要求が高いため、能力がある若手デザイナーが独自で商品をデザイン、生産、販売するのが非常に難しい。また、伝統の企業もデザインに新しいアイデアが不足し、若い消費者を引きつけられないでいた。

この課題を解決するため、景徳鎮は現地の大型国営企業と若手陶芸家の提携などを通し、若手陶芸家が商品デザインを提供し、企業が融資と現代的な生産ラインを提供するという方法でデザイナーと企業の2つのトレードマークを打ち出した。

デザイナーのブランドを育成すると同時に、企業も利益を上げることができる。現在、200以上の陶磁器ブランドがこのような方法で企業との相互利益を実現している。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年1月14日

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年1月14日

陶磁器の町である江西省景徳鎮では、陶磁器産業の生産チェーンが長く、資金要求が高いため、能力がある若手デザイナーが独自で商品をデザイン、生産、販売するのが非常に難しい。また、伝統の企業もデザインに新しいアイデアが不足し、若い消費者を引きつけられないでいた。

この課題を解決するため、景徳鎮は現地の大型国営企業と若手陶芸家の提携などを通し、若手陶芸家が商品デザインを提供し、企業が融資と現代的な生産ラインを提供するという方法でデザイナーと企業の2つのトレードマークを打ち出した。

デザイナーのブランドを育成すると同時に、企業も利益を上げることができる。現在、200以上の陶磁器ブランドがこのような方法で企業との相互利益を実現している。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年1月14日