1月11日、京張高速鉄道清河駅でエスカレーターに乗る肖禎さん

北京市内のインターネット会社に勤務する肖禎さんは、4年前にスキーが好きになり、友人とよく河北省崇礼のスキー場に行っている。

彼女は、以前は人の車に乗せてもらうか、バスに乗るかして4~5時間かけて崇礼のスキー場に行っていた。ある時、帰りに大雪に遭い、崇礼から北京まで11時間かかり、午後に出発して翌朝3時にようやく北京に到着した。

京張高速鉄道が開通し、北京・崇礼間の所要時間は1時間に短縮され、肖禎さんは初めて高速鉄道でスキー場まで行ってみることにした。相乗りすれば人の時間に合わせなければいけないが、高速鉄道の場合は携帯電話で乗車券を購入し、時間を自由に決めることができ、乗車環境も快適である。肖禎さんは、「高速鉄道の開通により、スキー場に練習に行くのが便利になり、レベルの高いスキー愛好家になれる」と話した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年1月14日

京張高速鉄道清河駅で乗車券を受け取り、ホームに向かう肖禎さん

京張高速鉄道清河駅のセルフ券売機で乗車券を受け取る肖禎さん

京張高速鉄道清河駅で改札を通る肖禎さん

スキー板とスティックを持ってG8827次列車に乗る肖禎さん

「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年1月14日