新たな科学技術・産業革命に伴い、世界の科学技術及び産業応用の連結と浸透がより緊密になっている。

第2回中国国際輸入博覧会の関連イベント、スマートテクノロジー・産業国際協力フォーラム2019にて、米中ビジネス評議会副会長、中国区会長のマシュー・マルグリーズ氏は、中国と業務上の関係を持つ米国企業200社以上を代表し、協力の提案を行った。

マシュー氏はスピーチ前、「米国のビジネス界は輸入博覧会を非常に重視している。輸入博覧会はすでに世界トップの製品・サービス企業が世界最大の消費者市場とつながる重要な場になっている」と述べた。

マシュー氏は、中国が開幕式で積極的なシグナルを発したと判断した(市場開放のさらなる促進、ビジネス環境の改善など)。「米国のハイテク企業にとって、中国市場は依然として理想的なチャンスが集まる場だ。米中間の技術サプライチェーンは相互に依存している。両国を分離させるすべての観念に反対する」

マシュー氏は具体的なデータを提供した。彼の所属機関は過去19年に渡り毎年、会員企業の中国事業に関する調査を行い、重要な傾向に気づいた。米国企業は中国市場の拡大に取り組み続けており、会員企業の75%が中国に子会社を設立した。同時に中国における営業利益を米国の研究開発に用いた。さらに米国企業は中国で利益創出を続け、95%の企業が毎年黒字を実現している。

また調査では、重要サプライチェーンを他国に移すことはないとした企業が90%にのぼった。

マシュー氏は「新たなサプライチェーンには新たな技術基準、それから熟練した労働力が必要になる。中国市場で数十年の経験を蓄積した米国企業が、その他の市場に軽率にサプライチェーンを移すことはない」と分析した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年11月8日