中国国際輸入博覧会は、貿易の均衡化を促進するだけでなく、美しい生活の一部へと転化し、大衆に実質的な満足感をもたらしている。開催ごとに進歩する輸入博覧会は、対外開放を拡大する中国の固い決意を示すだけでなく、世界経済に新たな成長エネルギーを加えている。

11月5日に開幕した第2回中国国際輸入博覧会は、150余りの国・地域から3000社を超える企業が出展し、50万人のバイヤーと見学者が登録している。出展企業の展示面積は平均93㎡と、第1回に比べ20%以上大きくなった。7月から10月までに展示会情報ホットラインにかかった電話は7万本で、前年同期に比べ2万1000本増えた。第1回より大規模かつ広範囲で熱意も高まり、2019年末の最も注目と期待を集める国際イベントとなった。

第2回を迎えた輸入博覧会は、その魅力と影響力が会場外にも広がり、非常に大きな波及効果をもたらした。上海では「6+365日」通年展示交易プラットフォーム30カ所が設けられ、展示品の販売をサポートしている。今年5月に開設された虹橋輸入商品展示交易センターは、メインプラットフォームとして保税展示、商品取引、物流・保管、通関の一体的サービスを行い、10月までに26カ国からブランド400件余り、製品2500種類ほどが持ち込まれた。また、波及効果でシステムやメカニズムも構築された。上海税関は、輸入博覧会に専門で対応し、ニーズに応えるため、上海国家コンベンションセンター税関を設立。同税関は現在、常設となって手続き円滑化の機能を充分に発揮し、他の国際展覧会にも「一括」保障と「ワンストップ」サービスを提供している。輸入博覧会は、窓のように中国の対外開放の決意と本気度を映し出しており、「永遠に幕を閉じない輸入博覧会」として国内外の企業が興味深そうに話している。

輸入博覧会は、国内外の企業に役立つ場所であるほかに、どのような恩恵をもたらすのか?第1回輸入博覧会では、ニュージーランドの企業が出展した新鮮な牛乳がわずか72時間で原産地から中国の消費者の食卓へと届けられ、人々を驚かせた。1年も経たずに同社の乳製品は省級行政区域26カ所で店頭に並び、オンラインでは全国販売されるようになった。地方都市や山間部の消費者も即座に「輸入博覧会と同じバージョン」の製品を手に入れることができる。スウェーデンの企業が第1回輸入博覧会で出展した高精度でフレキシブルな最新のガンマナイフは、その後わずか3カ月余りで上海の病院が使用を開始し、累計2000人を超す中国の患者に治療サービスを行った。輸入博覧会は貿易の均衡化を促進するだけでなく、美しい生活の一部へと転化し、大衆に実質的な満足感をもたらしている。

国際通貨基金(IMF)は最新の「世界経済見通し」で、2019年の世界経済の予想成長率を3%に引き下げ、その理由としてグローバル貿易の不確定性を挙げた。保護貿易主義と反グローバル化の思想が広がるなか、開催ごとに進歩する輸入博覧会は対外開放を拡大する中国の固い決意を示すだけでなく、世界経済に新たな成長エネルギーを加えている。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年11月8日