国連が11月5日に発表した研究リポートによると、貿易戦争は米国の物価を押し上げた。海外メディアが報じた。

ロイターの報道では、国連貿易開発会議(UNCTAD)が発表した研究リポートによると、2019年1-6月の中国から米国への商品輸入額は前年同期の1300億米ドルから950億米ドルに低下した。

リポートは、「全体として言うと、米国から中国への追加関税引き上げは米国経済に損害を与えつつある。米国の主な損失は、物価上昇と関係がある」と指摘した。

この研究リポートの作者であるUNCTADエコノミストのAlesandro Nicita氏は、「関税負担は、米国の消費者の肩にのしかかった」と述べた。

AFP通信によると、国連は5日、「貿易戦争は米国経済にダメージを与えており、米国の消費者物価の上昇を招いた」と指摘した。

UNCTADは最新リポートで、世界の二大経済大国の大幅な関税引き上げがもたらした残念な結果について分析した。

UNCTADは「これは世界経済全体に損失をもたらす可能性がある」と警告する。

UNCTADエコノミストのAlesandro Nicita氏はジュネーブでの取材で、衝突の最初の段階では、「関税のコストの大部分は米国の消費者や企業に転嫁される」と述べた。

米国商務部は5日、9月の米国の対中貿易赤字は316億2千万米ドルで、前月から横ばいだったと発表した。共同通信が報じた。

商務部の統計では、米国の対日貿易赤字は19.1%減少し、50億5千万米ドルだった。日本との貿易赤字は引き続き中国とメキシコに次いで3番目に大きい。

「米国ファースト」をスローガンに、トランプは日本、中国、メキシコ、ドイツなど主要貿易相手国との貿易赤字を削減すると約束していた。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年11月8日