第2回中国国際輸入博覧会テクノロジーライフ展示エリアにて、世界トップ500社、家具・雑貨大手のイケアの展示ブースが特に目立っていた。イケアの輸入博覧会の出展は2回目で、初めて単独で出展した。

イケアは昨年の第1回輸入博覧会で、スウェーデン・パビリオンに加わり、1枚の展示パネルで自社の製品と理念をPRするだけだった。

イケアは1年後、「快適な未来の家」をテーマとし、180平方メートルの展示ブースを作った。また「輸入博覧会グリーン発展協力パートナー」として、第2回輸入博覧会に登場した。

イケア中国区総裁兼CSOのアンナ・クリガ氏は、「グリーンな輸入博覧会」という理念は、同社の持続可能な発展戦略「人類と地球に利益をもたらす」と合致するとした。「当社は輸入博覧会を通じ、中国と共により持続可能な未来を実現したい」

1枚の展示パネルから展示ブースに発展したイケアの「輸入博覧会物語」は、次の流れを反映している。つまり、輸入博覧会を中国市場の開拓を加速し、中国経済・社会と共に成長する重要なチャンスとする世界トップ500社が増えているということだ。

デルテクノロジーズは2年連続で輸入博覧会への参加を最も早く確定した世界トップ500社の一員だ。今年の展示面積は第1回を大きく上回り、展示するソリューションプランも昨年の30余から50以上に増加した。その内容には、5G及びIoT、AI、マルチクラウド戦略及びインフラストラクチャ、モバイルネットワークなどが含まれる。

デルテクノロジーズのグローバルバイスプレジデント、大中華区商用市場部総経理の石峰氏は「当社は輸入博覧会でデジタル化モデルチェンジの実力を全面的に展示し、また『中国で、中国のために』発展戦略の5年間の成果を全面的に示した」と述べた。

石氏は「当社の中国事業は、設計・研究開発・調達・生産・サプライチェーンを含む企業の全生命周期を網羅している。当社の世界の生産及び調達の多くが中国で行われている。中国の改革開放を見守り、参与し、そこから利益を手にした当社はすでに、中国の外資系地場企業になった」と話した。

第1回輸入博覧会にて、自動化制御・電子機器メーカーのオムロンによる「卓球ロボット」が注目を集めた。オムロンは今回、アップグレード版の「卓球ロボット」のほか、現代的なビニールハウス(縮小版)を輸入博覧会の会場に持ち込んだ。「未来から来たトマト」はAI及びIoT技術を利用したオムロンスマート化有機栽培ソリューションプランを示した。

オムロン(中国)有限公司の中道教顕総経理によると、中国はオムロンにとって最大の海外市場だ。オムロンは70年代に中国に進出してから、研究開発・設計・生産・販売・サービスを一体化させた全面的な経営管理体制を構築した。「当社は今後引き続き中国の製造業及び農業の高品質かつ持続可能な発展を推進し、中国のパートナーと共により美しい未来の世界を創る」

「中国で、中国のために」「中国と共に創る」第2回輸入博覧会に参加した多くの世界トップ500社は、これに類似するビジョンを示した。彼らにとって、中国が自発的に世界に向け市場を開放する重要な場である輸入博覧会は、得難い「中国のチャンス」を生み出している。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年11月8日