第2回中国国際輸入博覧会が11月5日、上海市で開幕する。公式資料によると、150以上の国・地域の企業3000社余が出展する。展示面積は30万平方メートル以上にのぼり、第1回を上回る。今年の会期中に初公開される新商品・新技術も第1回を上回る見通しだ。

世界初の輸入をテーマとした国家級博覧会である輸入博覧会は当初より、自らに「特別な」位置づけを与えている。各国の企業に特別な新チャンスをもたらし、中国の一般人の特別な消費の新需要を満たし、世界の自由貿易に特別な発展の新動力を提供する。これら数多くの「特別」は、開放と協力、互恵とウィンウィンの道をゆく中国の確かな足取りを浮き彫りにしている。実際の行動により世界の発展を促進する大国の魅力を実感させている。

輸入博覧会は各国企業に特別なボーナスをもたらす。昨年の第1回の勢いに乗りイタリア企業がもたらした人気小型家電は、中国IT企業と事業提携する。中国の一般人は海外と変わらぬ価格で購入し、全国共通のアフターサービスを受けられる。ラトビアのスキンケア商品は中国の石油化学企業と提携し、ガソリンスタンドとECチャネルに進出。バングラデシュの黄麻の手工芸品が、上海高級店のショーウインドウに進出した。米ハワイの新鮮な果物が、中国の人気カフェに登場する。いまや多くの外国企業にとって、輸入博覧会の参加は中国市場への進出の「グリーンルート」に入ることを意味する。

輸入博覧会は中国人に特別な利便性をもたらす。輸入博覧会の展示とPRにより、外国の高品質で特色あふれる多くの商品が注目を集め、中国人消費者の身近に迫っている。中国西北部の町でも現在、ニュージーランドの牛乳が購入できる。一部の国際有名子供用玩具ブランドが中国2級都市での事業展開を加速している。最新のガンマナイフ、世界最小の心臓ペースメーカーといった先進的な医療機器が中国で臨床使用に投入されており、発売許可のペースが上がっている。中国人の消費アップグレードの実需を満たす、これは輸入博覧会が非凡な魅力を持つ理由だ。

輸入博覧会は世界貿易に特別な動力を注ぐ。現在は保護貿易主義が台頭し、自由貿易が度重なる挑戦に直面している。これを背景とし、輸入博覧会は世界に向け互恵・ウィンウィンこそが正確な前進の方向という強いシグナルを発し、かつ実際の行動により開放と協力の約束を実践する東洋の大国を世界にアピールしている。これは世界貿易の環境を改善し、世界経済成長の自信を強める上で重大な意義を持つ。

今年の輸入博覧会は多くの来場者に特別な体験をもたらす。「輸入博覧会発布」プラットフォームの新設、ハイエンド消費財専門エリアの初設置、屋外自動運転体験エリアの初設置など、数多くの革新がある。その一方で次世代建築ゴミ粉砕設備、最新のEVコンセプトなどの製品が、輸入博覧会の会期中に世界初公開もしくは中国初公開される。黄浦江の畔の「輸入博覧会の時間」に期待しようではないか。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年10月9日