9月9日、スイス・ジュネーブのパレ・デ・ナシオンで、「人民の幸せのために:新中国70年人権成果展」を見学する人たち

国務院新聞弁公室、国連ジュネーブ事務局常駐中国代表団が共催する「人民の幸せのために:新中国70年人権成果展」が9日、ジュネーブのパレ・デ・ナシオンで開幕した。ロシア、フィンランド、メキシコ、フィリピン、ザンビア、EUなどの国と国際機関の約40人の大使と約100カ国の外交官、および国際機関の官僚、記者、学者ら300人あまりが開幕式に参加した。

国連ジュネーブ事務局常駐中国代表団とスイスの各国際機関の常駐代表である陳旭氏は開幕式で挨拶し、「この70年で、中国共産党の力強い指導の下、中国の人権事業の発展は輝かしい章を記した。中国の経済社会の発展レベルは全面的に向上し、民主法治の建設は持続的に進み、特定グループの権利は持続的に改善され、世界人権ガバナンスに全面的に参与し、人類運命共同体の構築を推し進めた」と述べた。

陳旭氏は、中国の人権事業は目覚しい成果を上げ、特に中国の特徴的な人権発展の道を歩み続けたと強調し、以下のように述べた。中国は国情に立脚し、人民を中心とし、発展を通した人権の促進、法治を通した人権の促進、開放を通した人権の促進を堅持した。中国共産党の力強い指導の下、中国人民は心を一つにして一致団結し、中国の特徴的な人権発展の道を歩み続け、「2つの100年」奮闘目標の実現に向けて努力し、中国の人権事業は新たにより大きな発展を遂げるに違いない。

国務院新聞弁公室人権事務局の魯広錦局長は開幕式で以下のように挨拶した。人民の幸せな生活は最大の人権である。新中国の70年は中国人民の幸せ探しの70年、世界人民の発展のための70年であり、現代中国の命運を大きく変え、中国人民の各種権利の保障レベルを大幅に引き上げ、中国の人権事業発展の偉大な章を記した。今後、小康社会の全面的建設の実現、国家の現代化の基本的実現、社会主義現代化強国の建設に伴い、中国人民はより幅広く十分な権利を享受し、より高水準の全面的発展を実現し、中国も世界の人権事業の発展、人類の文明多様化に大きく貢献するに違いない。

展示会は5日間に及び、写真と映像、仮想と現実、オンラインとオフラインを組み合わせた多層的、立体的な形式で展示する。120点あまりの写真を展示し、20本以上のショートムービーを繰り返し流すほかに、VR体験エリアを設置し、先進科学技術を通してシーンを再現しストーリーを伝え、中国の70年間の人権事業の発展を直感的に体験できるようにしている。

展示会場は賑わい、参観者は後を絶たない。彼らは新中国設立70年来の人権分野における進歩を賞賛し、中国の国際人権協力の促進における重要な役割を高く評価した。多くの先進国の大使が中国の人権事業の発展について「発展途上国に成功例を提供した」と賞賛し、中国の人権事業の発展の経験を参考にしたい考えを示し、中国が国際人権分野で発展途上国の利益に合う提案と主張をより多く出し、国際人権ガバナンスがより公正かつ合理的な方向に発展することに期待を寄せた。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年9月11日

9月9日、スイス・ジュネーブのパレ・デ・ナシオンで、「人民の幸せのために:新中国70年人権成果展」を見学する人たち

9月9日、スイス・ジュネーブのパレ・デ・ナシオンで、「人民の幸せのために:新中国70年人権成果展」を見学する人たち

「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年9月11日