習近平国家主席は12日からキルギスとタジキスタンを国賓訪問し、上海協力機構(SCO)加盟国首脳理事会第19回会議とアジア相互協力信頼醸成措置会議(CICA)第5回サミットにも出席する。本月上旬の訪露に続く、周辺国に対する重要な外交活動だ。今回の訪問について専門家は、二国間と多国間を結合した、豊富で忙しい日程であり、中国と訪問国との関係の深化、「一帯一路」の質の高い発展の推進、新たな出発点におけるSCO及びCICA協力の計画策定にとって重要な意義があると指摘する。新華社が伝えた。

■キーワード1:首脳外交――両国関係の新たな計画を策定

訪問期間中、習主席はキルギスのジェエンベコフ大統領、タジキスタンのラフモン大統領と行う国の公式行事に出席し、中国と両国の包括的な戦略的パートナーシップの将来の発展について、両大統領と新たな計画や方針をまとめる。

首脳外交は二国間関係の発展を戦略的にリードする役割を果していると専門家は指摘する。習主席は今回の訪問によって中国と両国の関係の政治的な基礎をさらに固め、中国と両国の関係が新たな情勢下で新たな段階へ上がるようリードする。

■キーワード2:「一帯一路」――互恵協力の新たな青写真を描く

習主席は2013年の中央アジア訪問時にシルクロード経済ベルトの共同建設を提唱した。近年、中央アジア地域の「一帯一路」共同建設は凄まじい勢いで進み、地域のインフラ改善、国の発展、人々の生活の幸福に重要な役割を果している。

習主席は今回の中央アジア歴訪で、中国とキルギス、タジキスタン両国との「一帯一路」共同建設協力に「力の及ぶ限りの貢献をし」、高水準の政治的相互信頼をさらに多くの確かな協力の成果に変えると分析される。

中国上海協力機構研究センターの鄧浩事務局長は「二国間貿易から観光、教育などの分野まで、中国とキルギス、中国とタジキスタンの実務協力には大きな潜在力がある。協力の余地は二国間のレベルにとどまらず、多国間及び国際問題でも大きい」と指摘する。

■キーワード3:二大サミット――協力制度の新たな発展を推進

習主席は国賓訪問以外に、キルギスの首都ビシュケクで開かれるSCOサミット、タジキスタンの首都ドゥシャンベで開かれるCICAサミットに出席し、中国の提案、中国の構想を示す。

両サミットには前回の開催国がいずれも中国だったという共通の特徴がある。専門家は両サミットについて、2018年のSCO青島サミット、2014年のCICA上海サミットの重要な成果を引き続き深化し、実行に移す後押しとなるとともに、国際・地域情勢の新たな変化と発展の新たなニーズをめぐり、新たな協力を検討すると指摘する。

両サミット出席時、習主席は各国首脳と様々な形式の交流も行う。専門家は、新型の国際関係と人類運命共同体の構築という時代の課題を前に、サミットで発せられる中国の声が期待されると指摘する。(編集NA)

「人民網日本語版」2019年6月12日