中国は日増しに世界各国の人材にとって理想的な革新・創業の地になりつつある。中国は2018年に外国人材就業許可証を33万6000件発給し、中国域内で就業する外国人は95万人以上に達している。

これは中国科学技術部の王志剛部長が14日、第17回中国国際人材交流大会で紹介した情報だ。王氏によると、科学技術交流・協力は最も重要な人員交流・協力であり、現在の中国はこれまでよりいっそう人材を必要としている。中国は近年より実務的な人材導入政策により、外国人の訪中ビザ及び居住面の要件をさらに緩和し、手続きを簡略化している。人材の社会保障、戸籍、子供の教育などの問題を解消し、顕著な成果を手にしている。

中国は科学技術グローバル化の参画者・受益者であり、より広範な革新及び協力の推進の貢献者・リーダーでもある。情報によると、中国は近年全面的に国際科学技術交流を強化し、平等な協力及び互恵・ウィンウィンの革新共同体の構築に取り組んでいる。中国は現在160カ国と科学技術協力関係を構築し、114の政府間協力協定、346の人材交流協定に署名し、200以上の国際機関・多国間枠組みに参加している。中国はさらに「熱核融合」など一連の国際大科学計画・大科学プロジェクトに積極的に参加し、世界の科学の進歩と革新の発展において中国の知恵をプランを提要しようと取り組んでいる。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年4月19日