中国鉄建重工集団有限公司の劉飛香会長は13日、鉄建重工長沙第2産業パークで、中国が自主開発・設計した世界初のスマート化リニアレール生産ラインでの量産を実現し、広東省清遠市のリニア観光線のレールを生産中だと明かした。

劉飛香氏によると、このスマート化リニアレール生産ラインは全長約500メートル、幅約18メートルで、レールの自動でのローディング・ブランキング、輸送・反転、位置合わせ、スマートNC加工、オンラインスマート検測、塗装、フレキシブル組立を実現し、世界のリニアレールのスマート生産の空白を埋めた。

劉飛香氏は、「この生産ラインは製造工程のインテグレーション、生産データの情報化、制御システムのスマート化という特徴があり、従業員の作業負担を70%削減し、生産の質を安定させることができる。合格率は99%に達し、加工効率が大幅に向上し、年間生産料は80キロメートルに達する」と述べた。

リニアのコア技術は国家「十三五」(第13次5カ年計画)の交通分野科学技術イノベーションプロジェクトの1つで、公開されている資料によると、中国で2020年に5本以上のリニア線が完成する。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年3月15日