第13期全人代第2回会議が15日午前に閉幕後、李克強総理は人民大会堂3階の金色ホールにて、第13期全人代第2回会議の取材に訪れた国内外の記者の前に姿を現し、質問に回答した。

韓国・東亜日報記者:

朝米首脳のハノイ会談決裂後、朝鮮がミサイル発射再開に向けた準備を進めている可能性が指摘されている。朝鮮半島情勢の今後の発展には不確実性が存在するが、中国側はこれをどう見ているか。それから中国側は朝鮮と戦略的意思疎通とハイレベル交流を維持している隣国であるが、和解を促し対話を促進し、朝米の溝を埋めるため、現在はどのような建設的な力を発揮できるだろうか。

李克強総理:

半島問題は複雑極まりなく、長期化しており、一挙に解決できるものではない。朝米首脳のハノイ会談が先ほど注目を集めた。双方は会談後、接触を続けると表明した。そのため私は、接触しないよりは接触するほうが良いと考えている。我々はやはり忍耐心を維持し、チャンスをつかむべきだ。特に現在見え始めた積極的な要素をつかみ対話、特に朝米の対話を促すことで、人々が願う成果を実現するべきだ。中国は半島非核化を終始堅持し、半島の平和と安定の維持を願っており、この立場を変えたことはない。半島問題の解決は南北双方のみならず、地域や世界にとっても利益になる。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年3月15日