中国黄金協会は1月31日、2018年度の金産業統計を発表した。2018年の全国金消費量は前年比5.73%増の1151.43トンと、6年連続で世界トップとなった。国内金生産量は401.119トンで、12年連続で世界トップとなったが、前年に比べ25.023トン(5.87%)減少した。

消費をみると、中国国内の金消費市場は回復が続いた。なかでもアクセサリー、インゴット、工業・その他用の金消費が引き続き安定して増加した一方、金貨販売が小幅に減少した。2018年の全国金アクセサリー消費量は前年比5.71%増の736.29トン、インゴットは3.19%増の285.20トン、金貨は7.69%減の24.00トン、工業・その他用は17.48%増の105.94トンだった。

中国黄金協会の分析によると、2018年は金アクセサリー消費が引き続き増えたが、伸び率がやや鈍化した。硬金や合金アクセサリーの消費が目立ち、金工芸品の流行が金アクセサリー消費の拡大を後押しした。第4四半期の為替相場や株式市況の変動などによる影響で、市場ではリスク回避による金需要が高まり、機関投資家や住民の金保有が次第に拡大し、インゴット消費が大幅に増加。また、ハイテク電子製品の需要も旺盛だったため、工業用の金消費量も拡大が続いた。

生産をみると、国内の金生産量が小幅に減少し、輸入原料金が大きく伸びた。金業界では、国家生態文明建設の方針にもとづき、成長方式の転換や産業構造の合理化、自然保護区内にある鉱山の段階的な閉鎖、旧式技術・装備を使う鉱山の減産と生産停止・再編が進み、内蒙古自治区や陕西など一部の省(自治区)の鉱産金生産量が減少した。2018年の原料輸入金は23.47%増の112.783トンに大きく増えた。

2018年は中国の金企業による「走出去(海外進出)」が加速し、重点金企業グループの外国鉱産金生産量は23.4トンに上った。中国黄金は、ロシアのクルチ金鉱の権益70%を買収。紫金砿業は、セルビア最大の銅鉱RTB

Borプロジェクトとカナダ企業Nevsunを買収し、投資額が計200億元を超えた。山東黄金は香港H株メインボード上場を果たし、国際資本市場進出の第一歩を踏み出した。赤峰黄金は2億7500万米ドルを投じたラオスSepon露天銅金鉱の買収と引き渡しを終えている。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年2月11日