故郷を離れ、江蘇省南京市で働いて23年になる盧玉剛さんは、どんなに忙しくても、毎年の春節(旧正月、今年は2月5日)の大晦日には故郷の江西省新余市分宜県楊橋鎮岑下村の実家に帰ることにしている。

盧さんは、「実家に帰るたび、この小さな県の変化を感じる。大学受験で故郷を出た時は、緑皮車(エアコンのついていない車体が緑色の列車)に23時間乗ったが、その後は条件がよくなって、自分の車で帰れるようになった。700キロメートルあまりを、10数時間で走る」と話す。南京-新余間の高速鉄道が開通した時、新余を離れて働く人々は大いに喜んだ。「最速の便なら、(南京の)家を出てから新余まで5時間もかからない」という。

分宜県は江西省中部の西よりの場所にあり、全国EC農村進出総合モデル県となっている。盧さんは、「今回帰った時には、村の一部の家がEC事業を手がけ、担い手の多くは90後(1990年代生まれ)だということを知った。故郷にはECの人材も農業資源もあり、ECビレッジになることができるだけでなく、クリエイティブな農業を発展させることもできる」との見方を示す。

盧さんは、「故郷の発展を、私は見届けてきただけでなく、これに関わってきた。故郷には今後、より大きな変化が訪れるだろう」と予想する。(編集KS)

「人民網日本語版」2019年2月9日