イギリスの『デイリー・メール』は雇用年金省の統計を引用し、2030年までにイギリスの882万545人分の雇用が自動化技術を土台とするロボットに取って代わられると伝えた。

人工知能(AI)の普及に伴い、多くの分野でロボット使用コストが従業員雇用コストを下回っている。統計によると、最大のダメージを受けるのは小売業従事者で、その次に製造業、企業行政管理およびそのサービスの従事者となっている。クリエイティブ産業は最も影響が少ない。

研究によると、コンピュータ技術と自動化技術の普及に伴い、イギリスで最も大きな影響を受ける3大選挙区は西ロンドンのヘイズ・ハリントン、ウェスト・サセックスのクローリー 、ノース・ウォリックシャー。最も影響が小さい地域はエディンバラ南部、グラスゴー北部、リバプールのウエストデービー。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年1月12日