月の裏側への軟着陸を初めて実現した「嫦娥4号」は4台の国際装置を搭載した。中国は月探査と宇宙ステーションでより幅広い国際協力を展開し、世界の多くの科学者に宇宙探査のチャンスを与え、人類の知恵を集めて宇宙の謎を解くことを計画している。

中国工程院院士・中国月探査プロジェクト総設計士の呉偉仁氏は、「月探査の国際協力は未来の方向で、国際協力は経費とリスクを分担し、成果をシェアし、互いに学習できる。宇宙探索は平和な事業で、私たちはより多くの国際協力を展開したいと考えている」と述べた。

中国国家航天局によると、「嫦娥4号」はオランダ、ドイツ、スウェーデン、サウジアラビアの科学者が開発に参与した4台の科学装置を搭載。着陸機はドイツが開発した月表面の中性子および放射線量測定器を搭載、巡視器はスウェーデンが開発した中性原子を搭載して実験を開始している。

そのほか、中国がロシアと協力した同位体パイロジェンは「嫦娥4号」をサポートする。中国が南米に建設したアルゼンチン深宇宙ステーションが「嫦娥4号」の観測任務に参加した。欧州宇宙機関の観測ステーションも任務をサポートする。

「嫦娥4号」の打ち上げ前、米航空宇宙局のルナー・リコネサンス・オービター(LRO)チームは「嫦娥4号」プロジェクトチームの科学者とコミュニケーションをとり、米国が月軌道で運営するLRO衛星で「嫦娥4号」の着陸を観測し、科学研究を実施することについて話し合った。米国側は中国側にLRO衛星の軌道データを提供し、中国側はLROチームに着陸時間と着陸地点を伝えた。

中国国家航天局は、各国の宇宙機関、宇宙科学研究機関、宇宙探索愛好家と協力し、宇宙の謎を共同で探りたいとしている。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年1月11日