日本アニメーション協会が公表した調査結果によると、2017年の日本アニメ産業の市場規模は2兆1500億円の過去最高に達した。

最新調査によると、2017年の日本アニメ産業の市場規模は前年より約1600億円増加し、初めて2兆円の大台を突破。アニメ産業の市場規模が過去最高に達したのは、アニメゲームが中国で流行し、国内外でアニメ放送が活発化したためである。

統計によると、テレビ、映画、海外事業など9項目のうち、海外事業の売上成績が最も良く、うちアニメ映画とアニメゲームの売上高は9948億円に達した。

日本アニメーション協会は日本のアニメ制作会社約150社を対象に、テレビ、映画、海外事業など9項目の売上高をそれぞれ計算し、アニメ産業の市場規模を毎年算出している。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年12月6日