故宮神武門外の西囲房にこのほど、「故宮角楼カフェ」がオープンした。「故宮角楼カフェ」のオープンは注目を集め、わずか数日でインターネットで話題になり、多くの人が故宮のコーヒーや変わった名前のスイーツを味わうために訪れている。

北京青年報の記者は4日午前、「故宮角楼カフェ」を訪れた。店内には2人から4人掛けのテーブルが25台あり、壁と屏風に『千里江山図』などの絵が描かれている。初めて来店した多くの人が、写真を撮ってから注文していた。

午前10時から11時半までに1時間半で約150人が来店し、11時頃には待ち時間約10分の行列ができた。店長によると、食品で最も人気があるのは「千里江山巻」という名前のケーキで、「千里江山巻」は毎日11時頃に販売を開始する。このケーキは非常に人気があり、毎日売り切れるという。

「故宮角楼カフェ」が人気を集める中、「故宮はどうしてお茶ではなくコーヒーを販売するのか」という疑問を書き込んだネットユーザーもいる。これについて、客の銭さんは、「故宮は近ごろ、年配の観光客ではなく若者をターゲットにしているため、コーヒーの方が若者に合っている」との見解を示した。李店長は、「来店客を見ると確かに若者の割合が高い。故宮角楼カフェはコーヒーがメインだが、お茶も販売している」と話した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年12月6日