「世界インターネット発展報告書2018」「中国インターネット発展報告書2018」が8日、第5回世界インターネット大会で発表された。報告書のデータによると、中国のデジタル経済規模は2017年に27兆2000億元に達し、デジタル経済のGDP成長への寄与度は55%に達した。

報告書によると、インターネットを始めとする情報技術は現在、人類の生産・生活と深く融合し、革新をけん引しモデルチェンジを駆動する先導的勢力になっている。昨年の世界のデジタル経済規模は12兆9000億ドルに達し、米国と中国が1、2位を占めた。世界のEC市場は急成長の流れを維持し、取引額が2兆3000億ドルに達した。アジア、ラテンアメリカ、中東、アフリカなどの新興国が新たな成長源になった。

報告書によると、中国の情報インフラはグレードアップを続け、インターネット情報技術に積極的な進展があり、デジタル経済が勢いよく発展している。インターネット安全保障能力が大幅に向上し、サイバー空間が日増しに透明度を高め、インターネット文化が日増しに繁栄している。中国の4Gユーザー普及率は2018年6月現在で世界トップ5に入り、5G研究開発で世界の先頭集団に入っている。EC市場規模は世界一。

情報によると、世界インターネット大会報告書は中国サイバー空間研究院が作成した。情報インフラ、インターネット情報技術、デジタル経済、政府データ開放、インターネットメディア、インターネット安全、インターネット法治建設、サイバー空間グローバルガバナンスという8つの内容を含み、インターネット分野の最新の学術研究成果を集めている。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年11月9日