広東省珠海市で開催中の第12回中国国際航空宇宙博覧会で7日、中国航天科技集団が初めて次世代ロケットファミリーを一斉に公開した。

中国航天科技集団第一研究院宇航部の馬志浜副部長は「今回の航空ショーで、当社は次世代ロケットファミリーを初公開した。多くの新型ロケットが初めてお披露目された」と紹介した。

2015年より、次世代ロケットの長征6号、 11号、7号、5号が次々と初飛行に成功しており、中国が宇宙に自主的かつスムーズに進出する能力を高めている。今後は長征7号甲、8号、9号などの次世代ロケットの開発を通じ、中国のロケットが全体的な更新を実現する。

記者が中国航天科技集団第一研究院から得た情報によると、長征5号乙ロケットは宇宙ステーションのモジュール打ち上げ任務を目標とし設計された、大型の地球低軌道液体燃料ロケットだ。同ロケットは長征5号をベースに改良・開発されたもので、長征5号の開発の基礎と経験を十分に引き継ぎ、信頼性を高めている。ロケットの全長は約54メートル、離陸重量は約850トン、離陸推力は約1078トンで、地球低軌道の積載能力は22トンを上回る。

長征9号は未来の有人月探査、深宇宙探査などの任務に向け開発された、中国の現時点で積載能力が最大のロケットだ。大型ロケットの総合性能・指標は、世界の先進水準に達している。開発後には、未来の長期間に渡る深宇宙探査・有人月探査などの国家重大科学技術活動の需要を満たす。2030年までにロケット技術で世界先頭集団に入るという目標の達成を支える。任務計画は2028年頃の初飛行を予定している。

長征11号は中国次世代ロケットのうち唯一の固体燃料ロケットで、打ち上げ期間は24時間。速やかに地球低軌道、太陽同期軌道などへの打ち上げ任務を完了可能。構造がシンプルで、迅速かつ容易に打ち上げられるといった特長から、主に高度1000キロ以下の太陽同期軌道及び地球低軌道の小型・中型宇宙船の単一打ち上げ、複数同時打ち上げに用いられる。

中国航天科技集団第一研究院長征11号副総指揮の金鑫氏によると、長征11号の海上打ち上げの重要技術は把握済みで、来年の打ち上げを予定している。増加する低傾斜軌道衛星の打ち上げの需要を満たし、長征シリーズの任務の適応性を大幅に高める。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年11月8日