イギリスの調査会社ユーロモニターは6日、2030年までに中国はフランスに代わり世界で最も人気のある観光地になるとの予測を発表した。

ユーロモニターがロンドンで開かれた観光業会議で発表した報告によると、世界の今年の海外旅行者数は前年比5%増の延べ14億人になる見通し。2018年、多くの主要経済圏で経済が急成長し、海外旅行業の収入は11%増加し、2030年には海外旅行者数がさらに10億人増加する見通しだという。

世界観光業の8年間の成長速度は経済成長率を上回り、アジア・太平洋地域での成長が目立つ。経済の急成長と中産階層の増加により、アジア・太平洋地域の消費者がレジャーに費やす可処分所得は増え、今年の観光客受け入れ数は10%増加し、世界平均の2倍の伸びとなる。

アジア・太平洋地域の中でも、中国の伸びが目立つ。現在の伸び状況を見ると、中国は2030年にフランスに代わり世界で最も人気のある海外旅行先になることが予想される。

ユーロモニター観光業上級アナリストのウォルター・ヘルツ氏は、「アジア・太平洋経済圏のビザ規制緩和は地域内の海外旅行をより便利にし、外国人観光客の80%が地域内からの観光客になる」と話す。また、2020年の東京五輪や2022年の北京・張家口冬季五輪など、アジア諸国が主催する大型のスポーツ大会も観光業の発展を促す。

ヘルツ氏は、「観光業は中国経済の基幹産業で、中国は観光業発展に関する政策と行動提唱を打ち出すほか、観光インフラの整備とサービス向上への投資も多く行なっている」と述べた。

他の地域ではエジプト、チュニジア、トルコの成長が目立つ。これらの国は過去数年、政局不安定により安全面が懸念され観光客数が大幅に減少したが、今年は大幅に回復している。

報告は、欧州観光業は今後数年、全体的に勢いを維持するが、イギリスのEU離脱が主な「不確定要素」となり妨げになる可能性があるとした。イギリスが2019年3月末に正式に「EU離脱」する前にEUと今後の関係に関する合意に達しなければ、2022年に海外旅行をするイギリス人は500万人減少し、人気の旅行先、特にスペインに影響が及ぶ可能性がある。スペインの観光収入の約5分の1がイギリス人観光客による消費である。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年11月8日