科学者が系外惑星「スーパーアース」発見 生命の存在条件備える
japanese.china.org.cn  |  2017-04-21

外国メディアによると、天文学者が居住条件を備える系外惑星を再び発見した。居住条件を備える系外惑星の発見はこの1年で5つ目となる。

この「スーパーアース」(LHS 1140b)は複数の岩石質の惑星で、気候は暑くも寒くもなく、地球からそれほど離れておらず40光年の距離にある。ハーバード大学の天文学者デビッド・シャルボノー氏によると、LHS 1140bはゴルディロックス・ゾーン(生命居住可能領域)内にある。領域内の放射量はちょうどよく、これは天体と恒星の距離、大気層の吸収と屈折で決まる。

報道によると、適量の放射は天体内の温度を適度な状態に保ち、液体を存在可能にし、生命を育む源になる。また、エネルギー量は海と火山活動にも影響する。

シャルボノー氏は、「これは複数の岩石質の惑星で、定期的に恒星の前を過ぎるため、素晴らしい発見である。今後数年、専門家は天体望遠鏡でその大きさと体積を測り、大気層を観察し、そこに酸素と炭素があれば、この惑星に生命が存在する可能性があることになる」と話した。

「スーパーアース」(LHS 1140b)の直径は地球より40%大きく、体積は地球の6.6倍、引力は地球の3倍。科学者はこれまでに3600の系外惑星、52の居住条件を備える惑星を発見した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2017年4月21日

このトピを友達に教える: 
中日両国 政治安全 経済 社会 フォト
文化・エンタメ ニュースランキング